1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 前回の続き
  4. 補足 » 
  5. 前回の続き
「かこもん!」とは

「かわゐじゅく!」原作、「予備校擬人化project」を発端とする作品群。登場キャラは以下の通り。

キャラ紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

前回の続き

前回の続きでmyシヴィライゼーションⅣの初制覇プレイを振り返ってみます。
一応、難易度は8段階のうちの下から4番目。世界設定は巨大、大陸数は5で。

工業化時代の到来後間もないくらいに同大陸のヴァイキングを属国化して事実上の大陸統一を果たし、占領地からは金、銅、石炭、石油などの資源をゲット。更に貝、蟹、魚などの水産資源もゲット。
ついでどさくさまぎれにこちらに宣戦布告してきた大洋越しのインカとエジプトのフリゲート艦を追い払いつつ国内のインフラを整える。
戦争からあまり縁がなくなったので「民主主義」の発見と同時に、市民の厭戦感情は高いものの生産性が高い政治体制「普通選挙」、労働制度「奴隷解放」に移行。ただし国内にヴァイキング市民が多数いる、という民族問題は抱えたままなので法制度は「表現の自由」ではなく「国民国家」のままにしておく。正直文化ポイントはこちらの方が圧倒的に高いし宗教的聖都もこちらが有しているので時間の経過と共に同化していくだろう、との見込みもあるわけで。(現実的にはヤバい、チベット問題のようだ
ここからは主に外交戦。タイムアウト時の判定に用いる点数は全文明について表示されているので、自分よりも点数が上の文明に対してはテクノロジーや資源の取引を基本的には行わず、下の文明には少し時代遅れのテクノロジーをそこそこの金額で売ったりして「大学」「天文台」「銀行」等の知識、収入を増やす建造物を優先的に建設。それと急に攻め込まれても対応できるように海岸線の都市には最新の軍事ユニットを配置しておく。
他の国の戦争に巻き込まれてはかなわないので、相互防衛条約は基本的には結ばず取引も最小限に抑え、所謂「光栄ある孤立」政策を実行。
「鉄道」「内燃機関」を開発したあたりで今作品のウリの一つである「企業」を設立してみる。(前もって企業の設立には偉人ユニットが必要なことはわかっていたのでそれまで「大技術者」「大商人」をキープしていた)
設立したのは鉱石の売買を主に手がける「マイニング社」と寿司チェーン店「シド寿司」
ネーミングのセンスはともかく、なぜ寿司?とか思うものの、単純に取り扱う資源が貝、蟹、魚、米だから、ということで納得。
とまぁとりあえず企業を置いてそこで生産可能な「重役ユニット」で主に国内に支店を広げてみると、この作業が案外楽しかった。支店を置くたびにちょっとずつ収入がふえたり生産が増えたりするのが。
国内シェアが100%になったところで海外にも支店を広げてちょっとした企業戦争をできるのもなかなか楽しい。どうしてもこの手のシミュレーションゲームは終盤になるとだれてくるのだが、このあたりはⅢよりも格段に改善されている。
そうこうしているうちに他文明に「国際連合」を作られてしまい、外交による敗北を喫してしまうかと少々不安になるが、上位の列強同士は不仲だったのでだれもリーダーには選出されず安心。
征服、外交のクリアはもはやありえないので「点数による判定」か「宇宙開発」しかこちらには道が残されていない状況。
現代に入って、科学技術は上位ではあるが、「ロケット工学」「人工衛星」がまだでややアメリカ、インカに遅れをとっていたところ、世界遺産「インターネット」の開発によって一気に逆転。
後「ロボット工学」の開発で更に世界遺産「軌道エレベーター」を開発。他国スパイによる妨害も怖いので各地に諜報機関、公安局を建てつつ宇宙船開発。
あとはそのまま宇宙船開発に成功して勝利。長かった。

その後判定「あなたはこのゲームの中でルイ16世のごとき統率力を発揮しました!」

ルイ16世!

・・・ギロチンにかけられて処刑されたあいつか。

orz

苦いな・・・これでもチェンバレンよりは上の評価だしよしとして・・・
ちなみに最低ランクは「ダン・クエール」。このあたりのジョークセンスはアメリカ人じゃないとわからないね。

ダン・クエール - Wikipedia

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://yatsuhaka.blog4.fc2.com/tb.php/61-f7b902e9 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

八墓 ゆう

Author:八墓 ゆう
何の役にも立たない学生
漫画を読んだり描いたり、ゲームをやったりと怠惰な日々
どっちが勝ってもヴァンダボー!!
連絡先はこちら

カウンター
ツイッター

とりあえず導入してみた

pixivやってます

思い出したかのように低頻度であげてます。

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
基本的にリンクフリーです

このブログをリンクに追加する

リンクバナー置場

リンクされる方はご自由にどうぞ。

バナー1 バナー2 バナー3 バナー4

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
真剣で応援中

真剣で私に恋しなさい!S

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。